2010年04月26日

巨人前監督の堀内氏擁立=参院比例に−自民(時事通信)

 自民党は22日、持ち回りの選挙対策本部会議を開き、夏の参院選の比例代表候補として、プロ野球巨人前監督の堀内恒夫氏(62)を公認することを決めた。
 堀内氏は同日午後、党本部で記者会見し、「お子さんにバランスの良い体をつくって大きくなってほしい。それをやるためには野球界よりは、表に出て違う角度から見つめ直しながら、スポーツ界に恩返しができないかと思い、政治の世界に飛び込もうと思った」と立候補の決意を語った。 

【関連ニュース】
【特集】昭和の春「思い出甲子園」〜怪物江川、ドカベン香川、KKコンビ〜
〔写真特集〕阪神タイガース、高校野球を愛する人へ=甲子園歴史館
開成山野球場リニューアルオープン=福島県郡山市〔地域〕
発掘調査事務所燃える=国指定の鴻臚館跡

引っ込みつかなく?舛添新党、自民は冷ややか(読売新聞)
高速料金、割り引き維持=鳩山首相(時事通信)
副長官の電話「地元を愚弄」=自民幹事長(時事通信)
【ゆうゆうLife】障害年金 受給後の結婚・出産にも加算(産経新聞)
橋下“維新の会”自殺行為か新たな自治か…重い一石(産経新聞)
posted by カナヤ オサム at 15:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

首相はつらいよ? =山田洋次監督が激励(時事通信)

 「つらいときこそ映画を見て肩の力を抜かないと」「本当にそうだ」。「男はつらいよ」シリーズで知られる映画監督の山田洋次さんが19日、首相官邸を訪れ、鳩山由紀夫首相とこんな会話を交わした。
 山田監督は、首相が昨年12月、自作の試写会に出席したことへの謝意を伝えるため訪問。約1時間半にわたり映画産業の振興策などを語り合った。この後、同監督は記者団に「あんまりつらくて、(つらいと)言えないのだろう。頑張ってもらいたい」と述べ、内閣支持率の下落に苦しむ首相を気遣った。 

【関連ニュース】
自民に「衆参ダブル」警戒論=党内引き締めの狙いも
「新しい時代の桜咲かせたい」=鳩山首相
「首相は統治能力欠如」と自民総裁=無党派層の動向注視
首相退陣なら衆参同日選=「信頼回復」にも全力
内閣支持、続落23.7%=56.5%が不支持

普天間移設 政局流動化の発火点に 社民反発、連立離脱も(産経新聞)
NHK受信料不払い、今夏にも強制執行へ(読売新聞)
奈良の神鹿撃った男、動機は「肉で金もうけ」(読売新聞)
金塊7キロなど盗まれる=被害総額2000万円以上−福岡(時事通信)
前長崎市長銃撃 献花台前に冥福祈る…事件から3年(毎日新聞)
posted by カナヤ オサム at 07:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

大賞は「ヒッチハイクで春つかむ」=ハッピーニュース2009−新聞協会(時事通信)

 4月6日の「新聞をヨム日」を前に、日本新聞協会は5日、読者から幸せな気持ちになった新聞記事とその理由を募った「HAPPY NEWS2009」の受賞者を発表した。大賞は、今年2月12日付の中日新聞朝刊で「ヒッチハイクで春つかむ」(共同通信配信)を読んだ愛知県豊田市の長谷川知子さん(35)が受賞した。
 記事は、大雪による列車運休で受験生が母親とともに新潟県から石川県までの300キロ余りをヒッチハイクして試験会場にたどり着き、合格したという内容。長谷川さんは選んだ理由を「(記事を)読み終わるころには、涙と鼻水で顔面ぐちゃぐちゃに」と書き、中学1年の娘にも読ませて2人で感動を味わった様子をつづった。
 キャンペーンは今回が6回目で、過去最多の約1万2000件の応募があった。 

<自民>新党結成の動き本格化 分裂に現実味(毎日新聞)
北朝鮮の黄元書記と中井担当相が会談 夕には家族会と(産経新聞)
今後チャレンジしたい運動は「ウォーキング」(産経新聞)
放火容疑で元社員再逮捕=外装会社元役員の車燃やす−警視庁(時事通信)
自民党崩壊の始まり?保守再生へ大胆な提案(産経新聞)
posted by カナヤ オサム at 14:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。