2010年03月10日

<養育放棄>3割が無職 経済格差も背景(毎日新聞)

 児童虐待をした親や保護者について全国児童相談所長会(会長・丸山浩一東京都児童相談センター所長)が調べたところ、全体では2割が無職だったのに対し、ネグレクト(養育放棄)をした親などに限っては3割が無職で、1.5倍に上っていることが分かった。非正規雇用の割合も全体では19%だったのにネグレクトでは26%。親たちの経済格差がネグレクトにつながっている疑いが浮かんだ。【野倉恵】

 調査は08年4月の改正児童虐待防止法施行などを受け、同所長会が実施。同月から08年6月にかけ、全国197カ所の児童相談所のうち195カ所が虐待として対応した8108人について集計した。加害者は実母4308人▽実父2102人▽養父309人▽母の内縁の夫や交際相手203人−−など。

 加害者側の就労状況を見ると、食事を十分与えないなど子の世話をしないネグレクトや、身体的、性的、心理的な虐待を合わせた全体では、正規就労が30.2%▽無職20.4%▽非正規雇用19.2%−−の順。しかし、ネグレクトに限れば無職が30.9%▽非正規雇用26.4%▽正規就労19.3%。無職と非正規雇用の合計は6割近くに達し、全体に比べて1.5倍だった。

 虐待の背景とみられる家庭状況(複数回答)は、8108人全体では経済的困難33.6%▽親たちの心身状態に問題がある31.1%▽ひとり親家庭26.5%。一方、ネグレクトに限ると、経済的困難54.1%▽ひとり親家庭41.1%▽親たちの心身状態に問題がある33.8%。全体では3分の1だった経済的困難が、ネグレクトでは半数を超えていた。

【関連ニュース】
<奈良・桜井の5歳児餓死>生後数カ月で虐待か 当時、耳たぶ内出血
<奈良・桜井の5歳児餓死>「私が母でなければ」 真朱容疑者、泣きじゃくり供述
<奈良・桜井の5歳児餓死>逮捕の母、夫から暴力 「顔似てる」虐待引き金か
<兵庫・三田の女児虐待>事件前も「異様な怒り」 複数目撃、女児を強く揺さぶる
<蕨・4歳児衰弱死>「緊急性ない」なぜ 児相「会えない」日常化 /埼玉

【ニッポンの食、がんばれ!】米穀店の「ソムリエ」が一役(産経新聞)
<歌舞伎>中村壱太郎ら親子3代で会見…京都南座(毎日新聞)
愛称決めて JR東「はやて」後継「E5系」(河北新報)
天皇、皇后両陛下 ラオス国家主席夫妻と会見 昼食も(毎日新聞)
政治家の監督責任強化に意欲=規正法、今国会で改正−鳩山首相(時事通信)
posted by カナヤ オサム at 02:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。